FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍の戦士【波動の章】 Day10 エピローグ

火事から一夜明け、全焼した我が家を見つめる亜衣子の祖父、澤邑義史の姿があった。
家は部分的に燃え残っているが、とても人が住める状態ではなかった。

義史は警察や消防署と現場検証を行い、出火の原因はガス漏れに火が引火したと告げられた。
しかし、火事の原因は作られたものだと確信していた。

隣で全焼した家を無言で見つめる翔太の姿もあった。
家が燃えたショックもあるが、それ以上に愛犬ベンの死が悲しくて仕方が無いようだった。

そんな義史の脳裏に昨晩の事が思い出される。
旧友瀬村の事が・・・


-----------------------
----------------
-------

【9日目:火事の夜】

「せ、瀬村・・・オマエ・・・」

「澤邑・・・久しぶりだな」

燃える我が家の前で出合った旧友瀬村・・・
しかし、義史の目には招かざる客であった。

「何だ!何をしに来たこの島へ・・・」

険しい表情で言い放つ義史。
しかし、その言葉を遮るかのように瀬村は一言だけ言葉を継げた。

「龍の子だ・・・」

義史は龍の子と言う言葉を耳にすると、言葉に詰ってしまった。

「8日前、この島で龍の波動が観測された・・・それで私がこの島に派遣されたのだ」

「・・・・・・・」

義史は言葉が出ない・・・
そして表情は険しいままだった。

「その波動に見せられた能力者が3名、この島に・・・」

瀬村の声は聞こえている様で聞こえていなかった。
義史は別の事が脳裏に浮かんでいた為である。
それは8日前・・・龍の波動で咲神山の祠の周りが崩れた時、波動に気が付いた亜衣子の事を・・・
龍の波動は一般人が感じる事は出来ない。
そして何より、亜衣子が持ち帰った手毬の事を・・・

今度は義史が瀬村の言葉を遮る。

「亜衣子は・・・亜衣子は無事なのか」

瀬村は言葉を止め義史を見つめる。
そして、再び口を開いた。

「うちの若い奴が、保護をした・・・龍の子と一緒にな」

「そうか・・・」

義史は目を遮り瀬村から視線を外した。

「明日、俺もこの島を発つ・・・その前にもう1度会いに来る」

瀬村はそう告げると、その場からゆっくり立ち去って行った。

「かってにせい」

義史には、そう告げるのが精一杯だった。



-------
----------------
-----------------------


服の裾を誰かが引っ張っている。
その感覚で義史は我に返った。
裾を引っ張ったのは翔太だった。

「ベン・・・天国へ行ったよね」

無垢な瞳で義史を見つめる翔太。

「ああっ行ったとも、天国へな」

「じゃあお姉ちゃんは・・・」

「亜衣子は怪我をしてな・・・遠くの病院へ行ってしまった」

「いつ帰ってくるの?」

「そうじゃな・・・少し先かも知れんな」

義史にはそう答えるのが精一杯だった。
そうしていると、消防署の人が義史に声を掛けてくる。

「すみません、警察の方が・・・」

そう答える先には瀬村の姿があった。

「すみませんが、少しの間この子を見ていてくれませんか?」

「ああっ良いですよ」

義史は消防署の人に翔太を預け瀬村の元へ向った。

「もう、発つのか・・・」

「色々忙しくてな・・・老体には響くわ」

「おまえも、もう年だ・・・そろそろ現役を退いたらどうだ」

「まだまだ、やめれんよ・・・」

「そうか・・・」

しばし、沈黙が続く・・・そして、義史は重い口を開いた。

「亜衣子は無事に帰してくれるんだろうな・・・龍の子はお前達が好きにすればいい・・・しかし亜衣子は関係ないんだ!早く普通の生活に戻してやってくれ」

「何もなければ直ぐに帰すさ・・・」

瀬村はそう告げると、その場から立ち去ろうとした。

「セス!」

義史は大きな声で瀬村をそう呼んだ。
瀬村は歩みを止め、再び義史を凝視した。

「澤邑、俺は龍から逃れる事は出来ない」

二人は視線を外さない。

「所詮おまえの様に逃げても再び龍に結びつく・・・」

瀬村はそう告げると、その場を後にした。
義史も、再び瀬村の歩みを止め様とはしないのだった。




春の陽気が、咲神山を包む季節に起こった龍の波動・・・
その出来事が、一人の少女の生活を大きく変えてしまったのだった。
スポンサーサイト

コメント

No title

おじいさんとセス=瀬村・・・
ふむふむ。
過去にいろいろあったようね。

Re: No title

ぴゆう!こんばんはi-88

義史と瀬村は元同僚なんです。
過去に義史は龍を追いかけていたんです。
亜衣子の家族・・・まだまだ秘密がありそうですi-235
非公開コメント
プロフィール

レオ・ライオネル

Author:レオ・ライオネル
レオの小説ブログへようこそ
ブログに出てくる物語はフィクションです。
あくまでもレオの脳内での物語で実在の人物・地名・団体名等、一切関係ありません。
一応、著作権はレオにありますので、他への転用はお断りさせていただきます。

目次

openclose

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
黒ねこ時計 くろック E01
      現在の閲覧者数:              にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村                押していただけると              レオの励みになります。
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。