FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍の戦士Ⅱ 第22話 Day10 高速道路1

後部座席でグレンを抱きながら見つめる亜衣子。
その瞳は疲れからか目が充血していた。

「眠らないのかい?」

前の席で車を運転している蓮村が声を掛ける。
蓮村も疲れからか目が充血している。

「まだ、もう少し掛かるから寝た方が良いよ・・・着いたら起こしてあげるから・・・」

「・・・・・いいの・・・眠りたくないの・・・やな夢を見そうだから」

「嫌な夢?」

「最近・・・変な夢を見る事が多くて・・・」

そう言いうと亜衣子はグレンを見つめながら黙ってしまった。
そんな姿を車のルームミラーで見つめる蓮村・・・

「もう少ししたらサービスエリアがあるからチョッと休憩しよう・・・俺も疲れたし」

「・・・・・」

蓮村が声を掛けるが亜衣子は無言だった。
そんな亜衣子を見て蓮村も声を掛けなくなった。

その中でグレンの寝息だけが聞こえてくる。

『のん気なガキだぜ・・・ったく』

特殊公安である蓮村は上司の命令で龍の子であるグレンを保護する為に咲神島へやってきた経緯がある。
しかし、亜衣子が着いて来たのは想定外だった。

亜衣子は一般人・・・

『今回の件に巻き込んではいけない』

蓮村にはその思いが強い。

暗闇の高速道路を走るローバーミニ・・・
蓮村の脳裏に咲神島を離れる寸前の記憶が蘇ってくるのであった。
スポンサーサイト

コメント

No title

グレンの存在って考えると不思議だよね。
寝るって普通の子みたいだけど、普通じゃないんだよね。
妖怪でもなく精霊でもなくなんだろう。

Re: No title

ぴゆう!こんばんはi-88

龍の波動と共に現れた少年グレン
彼は妖怪でも精霊でもなくて、この世にしっかり人として存在してます。

でも、普通の人ではなくて、人より超越した力を持っています。
そして、ありえない秘密もあります。
その秘密が分かるのもそう遠くは無いです・・・無いはずですi-229
非公開コメント
プロフィール

レオ・ライオネル

Author:レオ・ライオネル
レオの小説ブログへようこそ
ブログに出てくる物語はフィクションです。
あくまでもレオの脳内での物語で実在の人物・地名・団体名等、一切関係ありません。
一応、著作権はレオにありますので、他への転用はお断りさせていただきます。

目次

openclose

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
黒ねこ時計 くろック E01
      現在の閲覧者数:              にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村                押していただけると              レオの励みになります。
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。